Natrium's @lacoocan edition
白子川周辺の水路敷群(南一丁目の水路敷)その1
ねりまっぷ
ねりまっぷで和光市南一丁目付近の空中写真(昭和38年)を見る。
白子川の左岸で、和光市立第五小学校の周りにぐるっと水路敷が通っているので、そこを探索してみる。
芝屋橋
東京都練馬区と埼玉県和光市の県境にある芝屋橋からスタート。橋の北側に、突然広い歩道が現れるが、ここが今回進む水路敷の合流点にあたる。
この写真は2017/2/19撮影。
畑
川べりの谷間には、まだ畑が残っている。
あいさつ通り
第五小学校沿いの歩道には「あいさつ通り」という名前が付けられている。防火水槽の取水口が並ぶ先で、水路敷は左に曲がる。
小学校脇
第五小学校の周りを取り囲むように幅の広い水路敷が進んで行く。
道路へ
突き当たりで右に曲がってすぐに道路に合流。左へ転身する。
正門前
第五小学校の正門前を水路敷は西へ。
分かれ道
道路が坂道を上って行くところで、水路敷は校舎に沿って左へ。
遊歩道
ここから先は遊歩道として整備されている。
遊歩道の終わり
小学校の先、南児童館の角で遊歩道は終わり。
坂道
道路に出たところで右側にはかなり高低差のある崖が現れる。写真は崖上に向かう坂道を見たところ。
脇道
崖下の道路を進んで行くと、白子川に向かって水路敷と思われる草むらがあった。
崖下
自然崖の下をやや広めの道路が続く。
分岐点
そのまま、白子川からの分岐点にたどり着いた。
上流から
上流側から分岐点を見る。崖と崖の谷間に、住宅が密集して建っているのがこのあたりの特徴。

by Natrium