Natrium's @lacoocan edition
白子川周辺の水路敷群(不動橋〜弥生橋)その3
←前のページ
階段
遊歩道の出口からすぐ南側に別の水路敷があるが、かなりの段差を階段で繋いでいる。
細道
外環側道から見ると、細い水路敷になっていた。
バリアフリー
その次、さらに南側の水路敷は白子川に向かってバリアフリー仕様になっている。
途中から
外環側道から見ると、途中まで一般道路になっている。
全薬工業
白子川まで戻って、右岸側に広がる全薬工業中央研究所の敷地を見る。敷地の東側を通る道路は崖下にあり、このあたりからの湧き水を南側にある「あかまつ緑地」へ供給しているという。
半分階段
全薬工業の正門に向かってかかる全薬橋の北側にある水路敷は半分だけ階段になっている。
上り
外環側道からこの水路敷を進んでいくと、途中に不自然な上り坂がある。理由はよく分からない。
ペイント
全薬橋南側の水路敷は河川敷と同じ高さにあり、水路敷のペイントが描かれていた。
STOP
白子川の西側にある路地から水路敷を見たところ。路地と水路敷の間には大きな段差があり、自動車が突っ込んでいかないように車止めが置かれているが、なぜか「STOP」の文字は手書きだった。
段差
水路敷側から段差を見る。階段にしてもよかったのではないかという気がしないでもない。
あかまつ緑地
対岸のあかまつ緑地。
水路敷
あかまつ緑地の向かい側にも、ペイントのある水路敷が。
丁字路
途中にある丁字路状の行き止まりにも水路敷のペイント。
向下橋
向下橋。ここから南側は河川敷が通れなくなっている。
向下橋南
向下橋を渡る道路を外環側道へ向かう途中。板金工場の裏に、南へ向かう水路敷がある。
北側は一般道路になっているが、かつては旧流路から水路がつながっていたようだ。
分岐
途中、白子川に向かって東へ分岐する苔むした水路敷があった。
弥生橋へ
戻って南へ進む。水路敷は途中で一般道路に代わり、弥生橋へ向かって終わっている。

by Natrium