Natrium's @lacoocan edition
白子川周辺の水路敷群(比丘尼橋〜学園橋)その5
←前のページ
外山橋
上流側から外山橋を見る。右岸側に大きな排水口がある。
ここからの写真は2013/8/11撮影。
水路敷
水路敷は、右岸側にある次の交差点がそれ。写真奥に東大泉第三保育園が見えるが、東映撮影所を越えてきた水路がこのあたりから道路となって辿れるようになる。
崖
上の写真の道から一本山側(南側)に相当な崖がある。写真は下流側に向かっている道。
古くは、白子川がこのあたりまで浸食していたのだろう。
道幅
保育園のところで外山橋からの道を渡り、そのまま進んでいくと突然道路が細くなっている場所に出くわす。
脇道
そこまで進んでみると、左に細い水路敷らしき脇道を発見。この道を進んでみてもよいが、いったん直進する。
直進
直進して細い道へ入る。先の方は坂道になっているように見える。
凸凹
直進は坂道だが、水路敷は右側の道へ続いていた。
ところで、左側の看板がある場所にも、細い道がある。
崖
実は、その道は崖が合流してくる場所だった。さきほど道路一本分離れていた崖線が、ここで水路敷と合流しているのだ。
窪地
その崖下を進んで開けた場所に出たところで振り返ってみる。
実はさきほど自動販売機のあった場所から左へ進んだ脇道は、写真右の道路につながっていた。
このあたり一帯は袋小路の窪地になっていて、崖をたどって下流へ進むことは出来ない。
東大泉弁天池公園
さて、さきほどの坂道のところまで戻り、右の水路敷を進む。
右側には「東大泉弁天池公園」がある。
弁天池
その名の通り、水路敷を少し進んだところで右側に弁天池があった。ここも、かつては白子川の水源の一つだったようだ。
ぐねぐね
弁天池を過ぎると、水路敷はグネグネと曲がりながら上流を目指す。

by Natrium