Natrium's @lacoocan edition
白子川周辺の水路敷群(比丘尼橋〜学園橋)その3
←前のページ
斜め
写真左側のポールが立っている細道がさきほどの水路敷だ。
今立っている場所は目白通りのスーパーバリュー練馬大泉店向かいを斜めに別れる道路を進んできたところにあたり、この道路そのものが旧水路だったと思われる。
ここから、水路敷は写真正面へ向かって斜めに白子川は戻っていくことになる。
水路敷から水路敷を見る
さきほど歩いてきた水路敷が「くりばやし児童遊園」を挟んで向こう側に見えている。
斜めに進む
住宅地の真ん中を斜めに突っ切るように水路敷が進む。
行き止まり?
白子川に突き当たって行き止まり…かと思いきや。
続き
西向きに転進してさらに続く。
車道と交差
少し進んだところで、目白通りの大泉水道橋交差点から南下してきた車道と交差する。
北
交差点から北向きに目白通り方向を見る。このあたり狭隘路だらけだが、基本的に両方向に車両が通行できるため、大きな対向車がくると大変な目に遭う。
外山橋
交差点から南側、外山(とやま)橋側を見る。
右岸側の上流は後日再訪ということにして、とりあえずは左岸側をさらに進んでみよう。
分岐点へ
ここだけ妙に幅広く整備された道になっている。対岸側にそのまままっすぐ続いている道があるので、もしかしたらこの先に橋を架けてつなげる予定があったのかもしれない。
ここでいったん白子川へ戻る形になる。
謎空間
しばらく白子川の左岸沿いを遡って行くと、なにやら怪しい空間を発見したが、こちらからは入れないようだ。
行きどまり
しかたないのでその先にある月見橋側から回り込んでみると、きれいに整備されているにも関わらず、堂々と「この先行きどまり」と書かれた道だった。
通路にしても意味はないので水路敷部分を公園化したということのようだ。
ふたたび水路敷へ
ここから左岸側に水路敷をしばらくたどって行くことができる。

by Natrium