Natrium's @lacoocan edition
白子川周辺の水路敷群(比丘尼橋〜学園橋)その2
←前のページ
再び水路敷
工務店の横からふたたび水路敷となる。
上流側から
1ブロック先を上流側から見る。このあたりは左右でかなりの高低差がある。
分岐へ
その先は再び道路となり、突き当りの白子川まで続く。
工事中
分岐点は、白子川整備工事の最中だった。写真右側が白子川。
白子川右岸側の支流は、ここまで写真左方向から流れてきていたようだが、東映撮影所の向こうまで流路が失われており、たどることは出来ない。上流部はのちほど外山橋から探索を再開することにしよう。
白子川整備工事
上の写真から後ろ向き(下流)に少しすすんだところにある水道橋に掲示された工事看板。東映橋は上流側で、その名の通り東映撮影所の下にある。
東映橋
探索した時点では、ちょうど東映橋が架け替え工事中で通れない状態だった。
迂回
車両は無理として、人は下流の水道橋へ迂回すればよいのだが、上流側に迂回用の仮人道橋も設置されていた。
仮人道橋の位置
仮人道橋は左の写真で記したあたりにかかっていた。
仮人道橋
唐突に、かなりやっつけ感のある仮人道橋が設置されていた。
下流方向
仮人道橋から下流方向。川の右岸側に工事用の用地が確保されており、そこに道路面から一段下げたテラスを作って、増水時に備えるようだ。
左へ
ところで上の写真にも少し写っている左岸側は東映橋に向かって通行止めになっている。
その手前には、迂回路を示す矢印が置いてあるのだが、そこには見慣れた水色の塗装が…
対岸から
右岸側から見ると、水路敷を迂回路に使っているのがわかる。
右岸側にはみるべきものがないので、次はこの水路敷をたどってみよう。
東映橋
後日工事完了後に再訪した東映橋。
橋のたもとには、仮面ライダーなど東映の作品がパネルになって貼られていた。
この写真のみ2013/8/14撮影。

by Natrium