Natrium's @lacoocan edition
白子川周辺の水路敷群(下新倉の水路群)その2
←前のページ
最北端
梅田川の最北端部で新河岸川方向を見る。地図ではここから新河岸川の堤防まで道路が繋がっているように描かれているのだが、そうは見えない。
ここからの写真は2018/7/29撮影。
側溝
新河岸川に沿って、下流方向に側溝が続いている。
梅田川
振り返って梅田川の流路を見る。誰も通らない北端は未舗装のままになっているが、水路の跡は明確にはわからない。
水道道路
水道道路を越え、そのまままっすぐ南へ進む。
蓋暗渠
途中。モータースクール西側の部分だけ蓋暗渠が残っていた。
この写真は2018/1/14撮影。
金泉寺通り
金泉寺通りを渡るところで蓋暗渠は終わり。
ここからの写真は2018/7/29撮影。
笹目通り
バイクショップの西側で、梅田川は笹目通りを越えている。
畑
笹目通りを渡って進んでいくと、道路の東側にある畑と駐車場の間に水路敷が残っていた。ドラッグストア脇にあった開渠から続いているようだ。
ここからの写真は2018/1/14撮影。
行き止まり?
梅田川の水路は、畑の先で行き止まりになって民家の中へ飲み込まれていく。
吹上観音下
南側に回って見たところ。吹上観音下交差点に向かう吹上バス停脇の空間は、梅田川の痕跡なのかもしれない。
ここからの写真は2018/5/19撮影。
芝宮通り
吹上観音下交差点にある商店の前、芝宮通りに沿って歩道が蓋暗渠のように見える。
歩行者専用
商店の先には、南に向かって歩行者・自転車専用道路があった。これが梅田川かは微妙だが、水路敷であることは確かなように感じる。
ペイント
路面に大きく「歩行者・自転車専用道路」のペイントがあった。車止めもあり、オートバイが侵入できそうにも見えないのだが。
クランク
途中、駐車場を避けるようにクランクがある。ペイントがなければ、ここからオートバイが間違って入ってくる可能性はありそうだ。
徐行
こちらの交差点には車止めがなかった。徐行のペイントは歩行者道路側に向けてのものなので、自転車への注意を促しているということか。
分岐点
交差点を越えると、白子川旧流路からの分岐点にたどりつく。

by Natrium