Natrium's @lacoocan edition
石神井川周辺の水路敷群(山下橋〜愛宕橋)その1
山下橋から蛍橋
ねりまっぷで前半部分(山下橋〜蛍橋)の経路を見る。
地図その1
ねりまっぷで昭和22年の空中写真を見る。
ロールアップの昭和38年では、かなり河川改修が進んで河道がまっすぐになっているのがわかる。
一方通行
山下橋の右岸側。上流に向かう道は一方通行の出口になっているのだが、崖に沿った側に妙に広い空間が残されている。
もともと、このあたりは崖下に石神井川の本流が流れていた場所で、どうやら流路を付け替える前の跡らしい。
ここからの写真は2013/5/11撮影。
左へ
山下橋で北向きに貼り出した台地を迂回した流路は、写真のあたりで現在の河道から左(東)へ逸れ、家並の裏側に消えてしまう。
ここからしばらくは水路敷ごと民家の敷地に飲み込まれてしまうようで、追いかけることができない。
蓋暗渠
4ブロックほそ進んだ場所で、北側に蓋暗渠を発見。ここから北側には進むことはできないが、民家の中を暗渠が通っているようだ。
遊歩道
そこから南側は、敷地の境界に沿って遊歩道になっている。
支流
途中で石神井川に向かって一直線に伸びる水路敷を見つけた。
ペイント
そちらを進んでいくと、おなじみの「水路敷」ペイントに出会う。
カクカク
遊歩道へ戻ってしばらく進むと、カクカクと道が曲がり…
終点
遊歩道の終点に到着。
防災井戸
出口には防災井戸があった(下流に向かって撮影)。
車止め
ここから先は普通の舗装路に。
丘陵
道の左手には丘陵沿いに農地が広がる。
旧早稲田通り
まもなく旧早稲田通りとの交差点にたどり着く。このあたりは普通の車道になっている。
写真の右側が豊島橋。
愛宕大權現
おまけでひとつ南側の交差点を東へ進んだところにあった小祠。
奥に「愛宕大權現」とかかれた札があり、廃仏毀釈を免れた愛宕権現の像なのかもしれない。

by Natrium