Natrium's @lacoocan edition
石神井川周辺の水路敷群(谷原三之橋〜元締山の森緑地)その1
地図
ねりまっぷで富士見台四丁目西側をみる。
このあたりで石神井川は複数の流れに分かれて下っていたが、今回は最も東寄りの流路跡をたどってみる。
入口
谷原三之橋から東を見る。矢印の場所で右へ進むごく普通の路地がかつての水路跡。このあたりはすっかり道路になっている。
ここからの写真は2012/11/18撮影。
崖
少し上流へ進むと、駐車場脇の崖沿いに水路敷が姿を現す。
曲がる
かつては崖下を水路が流れていたのだろう。
分かれ道
駐車場の裏側を回る形で水路敷はいったん終了。
右の直線道路も水路跡だが、崖下の水路敷はそのまま写真正面家屋の左側へ進んでいく。ただし、民家の敷地裏になっていて入っていくことはできない。
直線水路
上流側から見る。正面がいきなり崖になっているのが良くわかる。
西側水路
上の道から一本西側にも、元水路の道路がある。住宅地の中の直線道路といった風情で、水路らしさは残っていない。
崖の奥
さて、崖下を民家の裏で進んできた水路は、谷原二之橋から東へ進む道路と交差するところで、上流側に再び駐車場脇のほんの小さな隙間として垣間見える。
つり掘跡
上の写真の反対側は現在マンションが建っており、水路は確認できない。
マンションの南東側、崖の上にある一本松緑地から、マンション裏手の駐車場を見る。
ここは、2000年に写真右手のマンションができるまで、「つり堀 富士見園」という大きな釣り堀があったという。
釣り堀があったころにはすでに水路はわからなくなっていたが、駐車場奥で家の向きが変わっているあたりを流れていたようだ。
ここからの写真は2012/12/8撮影。
1992年
ねりまっぷの平成4年(1992年)の空中写真では、まだ釣り堀になっている。
昭和54年の空中写真では、写真上よりの駐車場も釣り堀の一部だったようだ。
痕跡なし
北側の崖下駐車場から直進してきた水路跡の道路から、崖よりの水路跡を探すが痕跡は残っていない。
おそらくは、写真左手の自動車のあたりが水路であったと思われる。
うねうね
上の写真から右(南)方向を向く。
道が微妙にうねっているが、二つの水路が合流したあたりだ。
くねくね
その先はいかにも水路敷らしいくねくね道へ。
高低差
途中、水路かと思しき細道が崖上から合流してくる。
かつては農地の排水路だったのかもしれない。

by Natrium