Natrium's @lacoocan edition
石神井川周辺の水路敷群(旧早稲田通りとその周辺)その2
←前のページ
分岐
禅定院から旧早稲田通りを西に向かうとすぐに、通りから左へ逸れる線路跡のようなカーブが現れるが、これが石神井川の水路敷跡らしい。
脇水路敷
道路の南側には、なぜかかさ上げされた水路敷があった。
竹垣
その反対側(北側)には昔懐かしい竹垣が残っているが、どうやらここも水路敷の続きになっているようだ。
藪
竹垣の向こうを覗いてみると、水路敷らしい空間があった。
蛇行
道路は微妙な曲線で蛇行していく。
小水路敷
道路の南側には、もう一つ小さな水路敷が残っていた。
分かれ道
道路はさらに右へカーブしていくが、根ヶ原橋へ向かう丁字路の先で、道路と水路敷の分かれ道が現れる。
水路敷
右が旧早稲田通りへ向かう道路、左は私有地へ向かう私道、中央が水路敷になっている。
遊歩道
遊歩道らしく整備された水路敷。
左に見える駐車場に向かって、かつては石神井川の支流があったようだが、痕跡は残っていない。
互い違い
上の写真左下付近にあった区界標識。なぜか矢印の向きが互い違いになっている。
無駄道
写真正面に進んだところにあった謎の一角。
左側はかつての石神井川支流のようだが、その先はマンションになっていて水路の跡は残っていない。
小道
右側の道を進むと、旧早稲田通りへ向かって小道が進んでいく。
合流
旧早稲田通りへ合流。この歩道は、かつて側溝になっていたと思われる。

by Natrium