Natrium's @lacoocan edition
仙川周辺の水路敷群(東宝スタジオ裏)
地図
せたがやi-mapで今回の探索ルートを見る。
仙川(せんかわ)は小金井市を上流端とし、世田谷区鎌田で野川に合流する一級河川。「せんかわ」と濁らないのが本来の呼び方だが、流路にある京王線の駅は「せんがわ」と濁る。元々は蛇行していた流路を改修しているため、川の両岸に旧流路や湧水からの流れが残っている。
今回は、砧七丁目にある耕雲寺近くの谷から出発して東宝スタジオの裏を流れる湧き水の流れと、打越橋の南で左岸側に分かれていたらしい流路の名残をたどる。
ちなみに、右側の水色に塗った部分は2004年に解体された特撮用大プールがあった場所で、ゴジラなど特撮で海上シーンなどの撮影に使われていた。今回たどる水路敷のある道路からも、壁越しにオープンホリゾント(空などの背景を描いていた壁)が見えていた。左は1961年まで使われていた旧大プール。どちらも、goo地図の昭和38年古地図(空中写真)に写っている。
仙川の左岸側、石井戸橋から一の橋へ上っていく途中に唐突に現れる脇道が今回探索するルートが仙川に合流するポイント。
このページの写真は特に記載がなければ2017/6/17撮影。
蓋暗渠
途中で断ち切られているように見えるが、いずれにせよ蓋暗渠であることがわかる。ここから上流に向かっていこう。
遊歩道風
遊歩道風に整備されているが、蓋暗渠。
上り
結構な角度で上っていく。
右カーブ
上りきったところで右にカーブ。
側溝跡
そのあとは、道路の脇に沿って蓋暗渠が続いている。いかにも側溝でしたという風情。
道路に蓋
橋ではなく蓋暗渠のまま道路をまたぐ。
大プール跡
写真左の垣根の向こうと、正面の建物あたりに大プールがあったはず。
崖
右(東)側から崖が迫って来た。
カーブ
微妙かカーブを描きながら蓋暗渠が続いていく。
崖へ
蓋暗渠が途切れたところで、水路敷は東の崖に向かっている。
この先行き止まり
人のあまり通っていなさそうな行き止まり道。
竹藪
竹藪の中に水が湧いていたのだろうか。
続き
道路まで戻って西側を見ると、撮影所と住宅地の境目に水路敷が続いているような隙間があった。
窪み
水路敷を追いかけるのが難しいので、一度仙川左岸に戻って、住宅展示場の駐車場をみたところ。駐車場の向こう、住宅の塀との間に窪みがあり、そこに水路があったようだ。
廃屋
仙川と水路敷が分かれるあたりには、草木に埋もれた廃屋があった。
くろがねや
おまけで、打越橋を渡って仙川の西側、ホームセンターくろがねやの脇に水路敷らしき隙間が残っている。ここから下流に向けて、くろがねやと東宝スタジオの西側に崖上の住宅との境に沿って水路敷が続いているようだが、アプローチする道がないため、くろがねやの駐車場側からでないと様子はわからない。
ちなみに、くろがやねになる前は東宝日曜大工センターというホームセンターで、元々はここも東宝撮影所の敷地の一部だった。ホームセンターになる前は東宝が経営するボウリング場になっていたので、現在でも店内にはアプローチ部分に使われていた一段高い構造が残っていたりする。
この写真は2018/2/24撮影。

by Natrium