Natrium's @lacoocan edition
貫井川(喜楽沼〜上流端)その2
←前のページ
地図
さて、ここからは今回のコース後半。下石神井小学校から上流端へ。新青梅街道にぶつかって下石神井四丁目交差点近辺の流路については疑問もあるので後で詳しく見ていくとする。
プール脇
下石神井小学校のプール脇を水路敷が歩道となって進む。一見、突き当たりまでまっすぐ進んでいくのだが、昭和38年の空中写真を見る限り、水路敷は写真左側のポールのところで南東に折れ曲がっているように見える。
水路敷跡
水路敷ペイントはないが、ここが昭和38年の空中写真では開渠として見える路地。
路地の出口
路地の出口を北東側から見たところ。ここから南西方向に道幅が広がっており、貫井川は写真奥に向かっていたのではないかと思われるが、写真左に向かっても細い未舗装の路地がある。
未舗装
南東側の未舗装の路地。この路地、先には2カ所の分かれ道があり、ひとつは南西側の道路まで抜けられるが、もうひとつは途中で行き止まりになっている。
行き止まり
行き止まりの道は、南西側に大きく高低差がある。このあたり、どうやら窪地になっているようだ。
川跡
さて、ふたたび本流に戻るが貫井川はその先で道路南東側の歩道として進んでいく。
新青梅街道へ
そのまましばらく進んでいくと、メルセデス・ベンツ販売店の横で新青梅街道にぶつかって、明らかな水路敷は終了となる。
新青梅街道
合流部分から新青梅街道を西向きに見る。昭和38年の空中写真では、開渠が新青梅街道北側に写真正面のサイゼリヤ下石神井店に向けて進んでいたようだが、谷筋は写真左のブロック塀方向にあるようにも見え、道路開通前後で何度か流路の付け替えがあったのではないかと思わせる。
地図
下石神井四丁目交差点付近。ロールアップで見る昭和38年の空中写真では、開渠はいったんサイゼリヤの先で南北方向の道路の下に消え、下石神井四丁目交差点を渡った南側で再び顔を出している。そして開渠は北西に向かって建設中の新青梅街道を再び横断していく形になっている。
一方、水色の点線は現地を歩いてみた際に道路の窪み具合から推定した谷筋で、開渠よりも大きく南へ迂回してから新青梅街道へ戻っていく感じだ。
谷筋
上の写真のブロック塀の反対側、三叉路の脇に微妙な窪地があって、このあたりを谷筋と推定。写真右の道を進むと下石神井四丁目交差点に行き当たる。
東向き
新青梅街道側から東向きに下石神井四丁目交差点方向。正面のマンション脇、クリーニング店のあたりで開渠が街道に戻ってきていたと思われる。写真手前、街道を渡った北側にまっすぐ水路が伸びていたはずだが、そちらも含めそれらしい痕跡は残っていない。
北側
新青梅街道の北側には大きなマンションやビルが立ち並び、水路の跡はよく分からない。が、よくよく見ていくと写真右側のマンションと中央のビルの間に…
隙間
わずかに不自然な敷地の隙間を発見。どうも、これが水路敷の成れの果てのように思われる。
窪地
南側には、谷筋が新青梅街道に向かって近づいてきたことを示す窪地があった。
上流端
さきほどの水路敷が新築マンションの北側を回り込んで道路に出てきたここが、貫井川の上流端とされる場所。
上流端の先
その先には、微妙なカーブを描く道路が続いている。水路だったかどうかは分からない。
高低差
新築マンションの南側に戻って新青梅街道を西向きに見る。この辺りでは、道路の北側が窪地になっているのがわかる。
武蔵御嶽神社
ふたたび上流端の先の道路を進むと、石神井消防署北側のガソリンスタンド脇に、武蔵御嶽神社の小祠を見つけた。かつては、このあたりに水源があったのだろうか。

by Natrium