Natrium's @lacoocan edition
貫井川(NTT西練馬ビル〜環八南田中)その1
地図
ねりまっぷで今回のコース(前半)をみる。貫井川の最も長い流れを辿って上流端を目指すが、まずは環状八号線との出会いを経て西武池袋線まで張り出した丘を回り込むように遡っていく。
北へ
富士見台二丁目に向かう支流と別れ、本流とされる流れは北へ上っていく。この先しばらくは、ほとんどが貫井三丁目と四丁目の境となっている。
ここからの写真は2014/12/27撮影。
幅広
すぐに水路敷は道路を左折。車道よりも水路敷の歩道の方が幅広い道となる。
水路敷
練馬区名物の水色ペイントはないが、歩道部分だけが明らかに水路敷となって抜けていく。
五叉路
五叉路を渡り、水路敷はさらに細身に。ここにはグレーチングがある。
くねくね
川跡らしいクネクネと曲がった道が続く。
ペイント
クネクネの先で、水色ペイントと出会う。このさき1ブロックだけ、貫井三丁目が右側の道にはみ出しているのはなぜだろうか。
止レ
細い路地との交差点に手書きで「止レ」。「マ」はないが、停止線も描いてある。
このあたり前後に水路敷を渡る道路がないので、交通量(人か自転車だろうが)が多いのかもしれない。出会い頭に要注意で進もう。
左カーブ
ここから水路敷は徐々に西に向けて左カーブとなる。両側の土地とはそれなりに段差があるようだ。
たじま児童遊園
右手に「たじま児童遊園」を見る。
インターロッキング
その先1ブロックは車道と合流し、水路敷部分がインターロッキング舗装となっている。
細道
すぐにまた細道に逆戻り。このあたりからは西南西に進路を取っている。
広がったり
道幅が広がったかと思えば…
狭くなったり
すぐに狭い道に逆戻り。
植え込み
そして、植え込みのある場所に出た。
敷地内道路
その先、地図では道路がないが、練馬富士見台三丁目第3アパートの敷地内に水路敷が突っ込んでいく。
舗装
水路敷だけがアスファルト舗装されている。写真右側に写っている車の前で、水路敷はアパート内の車道に合流。
先に見えるのは
アパートを脱出した先では、民家の間の細い路地。
環八
ここで貫井川は環状八号線と出会う。ここでは、インターロッキング舗装されていない方が水路敷。
その水路敷は環八に飲み込まれてしまうが、正面の2棟のマンションの間に続きがあるので、ここで環八を渡るとする。

by Natrium