Natrium's @lacoocan edition
貫井川(目白通り〜秋葉神社)その1
ねりまっぷ
ねりまっぷで貫井川の目白通り南側を見る。
現在の貫井川緑道を中心に、微妙な川跡や谷筋が分かれ、両側には結構な高低差のある崖線が見える地形になっている。
今回は目白通りからまっすぐ南下し、水源地のひとつであると思われる秋葉神社へ向かってたどってみる。
V字谷
目白通りを東側から貫井川に向かって見る。
ここではかなり深いV字谷のように見えているが、実際には谷の両側はかなりの角度を持った崖になっていたようだ。
ここからの写真は2014/10/11撮影。
川跡?
写真左側が貫井川緑道の入口だが、そのわずか西側に川跡のような微妙にカーブしている道がある。
昭和22年の空中写真では、東側にも川跡があるように見えるのだが、そちらは写真左のマンションに飲み込まれていて痕跡は残っていない。
貫井川緑道
正面に「貫井川緑道」の扁額が掲げられた水路敷の入口。
崖
緑道の東側には、かなり高低差のある崖下の道がある。
西側
上の写真の川跡が合流したあと、緑道の西側には駐車場が広がっているが、その先は段丘状に登っていく崖がある。
再び川跡?
駐車場の南側でもう一度分岐する川跡らしき道路。写真正面奥にある白いマンションのところで行き止まりになっている。
段差
駐車場の南側にある崖上への段差。上がって左の道は、練馬第二小学校に向かってもう一段、段差を上っていく。
緑道
きれいに整備された緑道の方を南へ進んでいく。
平行線
上の写真の右側に分かれていた川跡が合流し、マンションの東側で緑道と道路が並行になっている部分。
谷間
交差する道路の東側から。緑の柵が緑道で、このあたりでは西に向かってやや緩やかに坂になっている。
細道その1
その坂道の途中で南に向かう細道その1。川跡なのかどうかはよくわからない。
細道その2
さらに西側にもう一本細道がある。西側は段差があるようだ。
水路敷交差点
緑道をさらに南へ進むと、水路敷どうしの交差点が現れた。

by Natrium