Natrium's @lacoocan edition
貫井川と周辺の水路敷群(向山ヶ谷戸)その2
←前のページ
猫対決
さらに南下を続けると、その先の交差点では二匹の猫が道路を挟んで対峙していた。
三毛
カメラで狙っても動じる様子もなく、
縞
にらみ合いを続ける猫たち…
壁
猫たちをやり過ごしてさらに進む。
左側から壁が迫ってきた。右側も高くなっており、谷底を縫って水路敷が進む。
行き止まり?
はて、行き止まりか。
と思ったが、行ってみると水路敷は左に折れ曲がって続いていた。
折れ曲がり
民家の裏を水路敷が折れ曲がりながら続く。
谷頭
中古車ショップののぼりが見えてきたところで、階段となって水路敷は終わる。
階段
階段は目白通りに接続している。目白通り側から高低差を眺める。
目白通りの北側、写真左の一角だけが深い谷になっており、家も谷底に並んでいる。車で通ったのでは気が付きにくいが、かなり変わった空間だ。
目白通り
目白通りの南側から見てみる。
通りの向こうにいきなり谷が始まっていて。一見住宅の1階に見える部分は、実は2階。
南側
目白通り南側には、旧道らしき道がわずかに張り出しているが、そこに谷はない。
どうやら、かつてはここで道路が谷を避けて南に曲がっていたようだ。したがって、道路のあたりがもともと谷頭だったということになる。
今回の探索はここで終わりとしよう。
2016年
おまけで2016/10/22の向山ヶ谷戸の谷の最上流部。谷頭にあった住宅がすっかり更地になってしまった。

by Natrium