Natrium's @lacoocan edition
前谷津川・蓮根川周辺の谷戸群(蓮根川上流・若木の谷)その3
←前のページ
向こう
トンネルの向こうには崖があった。
崖と道路
環八の西側には、国土地理院地図の断面図で15m程度の高低差がある崖があり、崖上から環八に向かって崖沿いにアクセス道路が作られている。環八も谷底から見ればかなりかさ上げされているのに、崖はさらに上にあるという状態。蓮根川が削り出した谷が、いかに深いかがよくわかる。
谷頭
崖の上から谷頭方向を見る。
崖下
崖下の道は環八から降りてくるアプローチ道路になっているが、上り坂の途中だというのに擁壁の高さがすごいことになっている。
遊歩道
環八東側に戻って、遊歩道になっている水路跡を上っていく。
分岐点
東側を回っていく開渠と、西側を回っていく谷筋が分岐するあたり。この先は道路に沿って開渠があった。
旧開渠上流端
遊歩道の先では崖下の道路となる。昭和38年の空中写真では、写真奥のあたりまで開渠が確認できるが、谷筋はここからタコ足のように広がっていく。
西側
西側の谷から見ていこう。斜面の下、住宅地との間に側溝があるのだが、水路敷と呼べるかどうかは微妙なところだ。
階段
谷頭は階段になっていた。
東側
東側の谷。
V字谷
谷の南側の道路からV字谷になっている様子を見る。
はなみ坂
東側の谷頭。はなみ坂という名前がついており、若木華実町会という看板があるので、旧字名なのかもしれない。
支谷
はなみ坂の南側にはわずかに食い込んだ支谷があるが、はなみ坂や並行する南側の坂道から直接アプローチする道はない。いったん南側の坂の上から脇道に下りていくと、行き止まりの道の途中が谷間になっていることがわかる。
崖と細道
東側の谷の入り口まで戻ってさらに上流へ向かう。行き止まりに見えるが、写真奥のアパート左側に水路敷が残っている。
水路敷
蓮根川上流ではあまり見かけないいかにも水路敷な路地。
公園
水路敷の東側にある公園は崖を使って作られている。

by Natrium