Natrium's @lacoocan edition
越戸川・谷中川とその支流(御滝川)その2
←前のページ
蓋暗渠
大野前通りから南へ向かって来た道路にある練田バス停。実はここ、この角度で見ると交番の前にあるバス停と、バス待合所になっている屋根の下が蓋暗渠になっているのがわかる。この位置で水路敷は道路の東側に移動していたのだった。
東へ
交番を過ぎたところで、水路敷は東へ向かうが、蓋暗渠はいったん道路の舗装に飲み込まれてしまう。
グレーチング
道路の水路敷部分に大きなグレーチング(溝蓋)が残っている。
南へ
次の路地をグレーチングに沿って南へ向かう。
側溝跡
道路西側に側溝の跡が残っているように見える(ロールアップで表示)。正面は、吹上交差点から西へ向かって来た昭和通り。
昭和通り
昭和通りの南側の歩道が、交差点のところから蓋暗渠になっている。そのまま西へ向かう。
坂下ショッピングセンター
正面に見える坂下ショッピングセンターに向かって蓋暗渠が伸びているように見えるが…
迂回
交差点の手前で水路敷だけが高圧線の鉄塔を迂回するように南へ回り込んでいく。
フェンス
南側の道路を渡った先では、フェンスに阻まれて通り抜けることができない。
マンション前
昭和通りから交差点を南に曲がった道は大正通りと呼ばれている。その大正通りから下流側を見たところ。マンション前の空間が水路敷部分だけ微妙に後付けでインターロッキング舗装されているのがわかる。
大正通り
大正通りは新倉小学校前バス停へ向かって坂を上っていくが、水路敷は大正通りを逸れて西側へ向かう。
細道
マンションの先で水路敷は道路と別れる。
下井戸稲荷神社
反対側に出たところで、小高い地形の上に立つ下井戸稲荷神社を見つける。別名を「とうかざか稲荷」とも呼ばれ、脇には「とう火坂通り」もある。ここが谷頭かとも思ったのだが…
続き
よく見てみれば水路敷からそのまま西へ向かってグレーチングのある水路跡が続いていた。行き止まりの標識があるが進んでみよう。
坂と水路敷
道路はすぐに左折したあと、右折して階段になってしまうので確かに行き止まりではあった。一方、よく見ると坂の右側、崖下に蓋暗渠がまっすぐ続いているのがわかる。道路がないので、左の坂を上って上から見てみるとする。
谷頭
上から見ると、ここが谷頭になっているのがよくわかる。水路は写真右から木が生えている線に沿って進み、画面奥の方へジグザグに進んで行っており、画面中央奥あたりが上流端となっているようだ(ロールアップで表示)。

by Natrium