Natrium's @lacoocan edition
越戸川・谷中川とその支流(柿ノ木の支流)その1
地図
和光市ガイドマップで谷中川の下流部分を見る。
越戸川の支流である谷中川の下流部分には、川の左右に湧き水由来の支流がいくつか残っている。
地蔵橋
外郭環状道路の下にある地蔵橋。谷中川はここの北側で越戸川に合流しているが、今回はまずここから南へ進んで行く。
ここからの写真は2018/5/12撮影。
隙間
地蔵橋を渡って外環道の南側へ。側道の脇からなにやら微妙な隙間のある道が見える。歩道になっている部分と合わせて側溝というか溝渠になっているようなのだが、蓋部分と隙間部分の間にフェンスがあるので、土地の所有関係が異なるのかもしれない。
歩道と藪
途中で隙間がなくなった歩道が終わるあたりで、左側に藪というか丘が見えた。
水流
駐車場の脇に、丘の方から暗渠に向かって流れてくる水流を見つけた。湧き水があるのだろうか。
L字
一方、終わったと思っていた歩道の方は右折して続いていた。すぐに道路をまたいで左(南)へ転進。
車止め
曲がった先は車止めのある、いかにも水路敷な歩道だった。
行き止まり
すぐに水路敷は車止めの向こうで行き止まりになるが、よくみると人が入れない隙間はまだ続いているようだ。
続き
駐車場と住宅の間に水路敷がある。この先は反対側に回ってみるしかないだろう。
境界標
水路敷の出口には、和光市の旧名である大和町の境界標が残っている。
谷中川から
いったん谷中川に出て、柿ノ木橋から水路敷の方向を見る。大和町の境界標のところから谷中川に向かって歩道があり、その下を流れてきた水が川に注いでいる。
間
谷中川右岸に戻って駐車場の南側にある路地に入ってみる。北側から、水路敷と思われる空間が伸びてきていた。
ここからの写真は2018/10/27撮影。
南へ
水路敷は南へ向かって続いているが、すぐさきで民家の敷地内になってしまい通ることはできない。
上流から
上流側は私有地に突き当たる道なので、谷戸川をオーバーパスしている大正通りから眺めてみる。和光市認定道路網図では、水路敷は写真正面の道路奥から写真左側の道路に向かっている。
排水口
柿ノ木公園橋から谷中川と水路敷の合流点を見る。排水口から水が出ているところを見ると、ここも排水側なので、東側水路敷の上流部は大正通りのかさ上げで失われたのかもしれない。
境界線
柿ノ木公園橋から振り返って、谷中川に蓋をして大正通りの下をくぐる大正橋通路の手前に一級河川と雨水幹線を分ける標識があった。谷中川はここから上流では和光市が管轄する水路で、下流は一級河川ということのようだ。一級河川谷中川の起点といえないこともない。
ここからの写真は2018/5/12撮影。

by Natrium