Natrium's @lacoocan edition
妙正寺川・井草川の水路敷群(清水・桃井の支流)その3
←前のページ
カーブ
銭湯の先、上流端に向かって細い水路敷が続いていく。
中通公園
中通公園の南側だけ、インターロッキング舗装になっている。
枝
中通公園の先、交差点を渡ったところで、水路敷の南側に未舗装の土地があるのを見つけた。
坂
未舗装の空間は南に向かって坂を上るような形になっていて、水路敷とするには微妙な感じ。昭和22年の空中写真でも水路らしきものはなく、宅地化の過程で何らかの理由で取り残されたのかもしれない。
自転車止まれ
再び上流へ。飛び出し事故があるのか、自転車止まれの標識が置かれている。
アパート脇
都営桃井二丁目アパート脇にある水路敷を進む。
上流端
上流端である桃井原っぱ公園に到着。ここはかつて中島飛行機、富士精密工業、プリンス自動車工業、日産自動車の工場があった場所で、「ロケット発祥之地」の碑があるという。
八丁へ
それでは下流へ戻って、まずは八丁から来る支流を遡っていこう。幅広の道路を南に進んだところで、西に向かって支流が上っていく。
道路脇
2ブロック西へ進んだところで、住宅地をえぐるように車止めが並んだ水路敷が残されている。ここでわずかに南へ移動したのち、再び西へ。
段差
水路敷が南へ向かって曲がっていく途中に、段差の上から道路が突き当たっている。車止めが置かれているが、気をつけないと転落してしまいそうだ。
ガードレール
ガードレールに阻まれているが、気にせず水路敷を南へ進んでいこう。
歩道
その先で水路敷は道路の歩道になって続いている。
Y字路
桃井公園の横を抜け、交差点を渡った先はY字路になっている。水路敷は右側から来ていたようだ。
青梅街道
上流端となる青梅街道までたどり着いた。八丁交差点の東側、蕎麦屋の角から水路敷は始まっていたらしい。この支流は、沓掛用水とも呼ばれていたという。

by Natrium