Natrium's @lacoocan edition
妙正寺川・井草川の水路敷群(今川の支流)その2
←前のページ
道路
今川一丁目公園から西へ向かって行くと、すぐに遊歩道は道路にあたって南へ転進。
カクカク
ここでは水路敷も道路の一部になっている。水路敷はすぐ先の交差点で西へ。
十字路
交差点から西を見たところ。普通は交差点の中心にある十字路のマークが、水路敷を除く道路が交差する中心位置に描かれているため、北西に偏っている。
また南
またもや、すぐに水路敷は南へ曲がるが、ここは遊歩道になっている。
また西
遊歩道は1ブロックだけで、すぐにまた西へ曲がって道路の一部として進んで行く。その先は井荻中学校だ。
井荻中
井荻中学校に突き当たったところで支流は南に向かうが、そこから北の四宮小学校の方へむけて遡って行く流れもあった。先にそちらへ寄り道してみよう。
四宮交差点
北側の支流は、四宮交差点の手前で道路の東側から西側へ移動。
歩道
四宮交差点の北西側。早稲田通り沿いのコンビニ前に不自然な空間がある。ここは水路敷ではないだろうか。
北へ
コンビニの脇から、四宮小学校へ北に向かう水路敷があった。
突き当たり
水路敷は四宮小学校に突き当たって終わっている。昭和22年(1947年)の空中写真では、この先も北へ水路が続いており、現在校庭になっている部分で東に曲がっていた。
続き?
東側の道へ戻る。ここから北側にはそれらしい痕跡は残っていない。
南
さて、それでは井荻中学校まで戻り、南側に回り込んで上流へ進んで行こう。
水路敷
井荻中学校の南を抜け、中央大学杉並高校へ向かう水路敷は道路脇に舗装されながらもその姿を留めていた。
脇道
途中、南に向かって未舗装の小道が。通り抜けることは出来ないようだが、これも水路敷だろうか。
脇道その2
北側にも水路敷らしき脇道があった。
杉並高
水路敷は杉並高校の校庭にぶつかって、いったん途切れている。

by Natrium