Natrium's @lacoocan edition
妙正寺川・井草川の水路敷群(井草川上流とその支流)その1
地図
すぎナビで地図を見る。
今回は、井荻駅近くにある西山橋から出発し、上流端の切り通し公園まで支流も見ながら進んで行くことにする。
西山橋
井草川が南北の二つに別れた場所のすぐ北側、井草区民事務所の脇に位置する西山橋。ここから井草川遊歩道を上流へ向かって行く。
井草川遊歩道には、全てではないがいくつかの橋跡に欄干を模した旧橋名を示すモニュメントが置かれている。
ここからの写真は2018/1/3撮影。
遊歩道
遊歩道を進んで行くと、西向きに曲がったところで道路と交差する。ここから北へ向かう水路敷は以前探索しているので、今回は遊歩道をまっすぐ進んで行く。
西へ
しばらくは整備された遊歩道が西へ向かう。写真右寄りにみえる踏切マークは、井荻駅東側にある下井草4号踏切へ向かっていることを示す標識。
井荻駅南側
井荻駅の南側では、南側が崖になっている。北側は駅前の商店街「PONTE IOGI」あたりまで低地になっているようだ。
環状8号線
井草川遊歩道は、環状8号線に突き当たる直前からインターロッキング舗装となって一旦途切れるが…
西側
環状8号線の西側にも、幅広いインターロッキング舗装の遊歩道が続いている。
アスファルト
再び遊歩道はアスファルト舗装に戻る。
金太郎
途中で比較的状態の良い金太郎の車止めを見つけたが…
車は来ない
どう考えても車が来ない場所に設置されていた。(写真は上流側から撮影)
北へ
一本道路を越えたところで、遊歩道は北へ転進。
行き止まり
北側の道路に出たところで、遊歩道は公園脇の植え込みに阻まれて一旦終わっている。
西武新宿線
公園の脇、植え込みの北側には水路敷が空間として残されており、西武新宿線と交差するところまで続いている。
第5妙正寺川橋梁
井草川はここで西武新宿線の北側へ。交差する部分は第5妙正寺川橋梁と名付けられた鉄橋になっている。鉄橋の銘板は塗りつぶされてしまっていてよく読めないが、気になるのは製造年、西武新宿線の前身である合併前の旧西武鉄道村山線の開通は1927年(昭和2年)であり、1926年(大正15年)製であれば、開通当時の鉄橋がそのまま残っていることになる。
北側
西武新宿線の北側に回ってきて、上流から線路方向を見たところ。川跡らしいややカーブした空間が残っているが、立ち入ることは難しそうだ。
植え込み
道路から南側を見ても川跡は植え込みに隠されて見えない。上の写真は植え込みの脇から撮影したもの。
遊歩道再び
北側には、再び遊歩道が現れる。

by Natrium