Natrium's @lacoocan edition
妙正寺川・井草川の水路敷群(井草川上流とその支流)その4
←前のページ
上流端
すぎナビで道灌橋公園から井草川上流端付近を見る。
井草川の上流端は青梅街道近くの切通し公園とされるが、現在の都立杉並工業高校あたりでは複雑に流路がわかれている上、千川上水と、関町一丁目近くで別れた六ヶ村分水(井草分水)の双方から導水していたといい、いくつもの流路が確認できる。
南へ
まずは道灌橋の先に現れる南向きの支流から。
坂
水路敷はすぐに西向きになるが、ちょうど曲がるあたりが高くなっており上流に向かって坂を下る感じで道路に出る。
行き止まり
そのまま進んで三谷公園の手前を南へ。道路に出たところで水路敷は行き止まりとなるが、古くは西と南から日本の流路が合流していたらしい。
三谷公園
その三谷公園だが、最近整備されたようで綺麗ではあるがあっさりとした印象。三谷(さんや)も旧地名だが、もともとは三家という上井草村の小名だったといい、昭和になって三谷町となったらしい。
杉並工
三谷公園から西へ行くと、すぐに都立杉並工業高校に突き当たる。
校内
後者の南側を見ると、水路敷の跡が残っているのがわかる。(ロールアップで水色の部分)
本流
ここでいったん本流とみられる中央の流路に戻る。こちらは、三谷小学校からインターロッキング舗装が続いているが…
公園
公園の中では整備されてしまい水路敷感がなくなっている。
モニュメント
モニュメントの脇で通路もなくなり…
終わり
こちらも杉並工業高校に突き当たって終了。この先は校舎の下に埋もれてしまっている。
北へ
さて、今度は三谷公園の手前から北へ向かう支流をたどってみよう。
インターロッキング
狭い谷間にインターロッキング舗装された遊歩道が伸びる。
金太郎
久しぶりに金太郎の車止めと再会。
合流点
車止めを挟んで道路の向こうに水路敷が伸びているが、実はこの交差点が千川上水からの分水を引いていた支流との合流点でもある。まずは直進。
行き止まり
こちらはすぐに南へ曲がったあと、杉並工業高校の北側にぶつかって一旦終了。もともとはこちらも校舎に向かって水路が伸びていたらしい。
さらに北へ
それでは、さきほどの交差点に戻って、北向きに進んでみよう。

by Natrium