Natrium's @lacoocan edition
妙正寺川・井草川の水路敷群(井草川上流とその支流)その2
←前のページ
途中
すぎナビで矢頭公園から上井草向山公園までを拡大。
西武新宿線の南北で、遊歩道の脇にリング状の支流がある。
矢頭中橋
矢頭中橋の銘が残る交差点。矢頭町はこのあたりの旧地名(1963年の住居表示実施前まで)で、井草川が北に湾曲している谷頭であるからともいう。
矢頭公園
上流側からみた矢頭公園。井草川遊歩道より高い位置にある。
脇道
矢頭公園の先で、北に向かって脇道が出ている。支流の水路敷と思われる。
北側道路
一本北側にある道路で西を見たところ。妙に広い歩道の部分が、元の水路敷と思われる。
矢頭橋
一方、ループの西側はいったん西の道路を超えて反対側から回り込んでみよう。道路を越えるところには、矢頭橋の銘があった。
分岐
矢頭橋の西側にも北へ向かう分岐があった。
東へ
こちらは北側の道路で旧に道幅が広がるところに出た。井草川の北側にぐるりと水路敷がループを描いている。
矢頭上橋
井草川本流に戻って進んで行く。分岐の先で再び南へ向かった遊歩道は矢頭上橋の先にある第6妙正寺川橋梁でもう一度西武新宿線を渡ることになる。
南側
西武新宿線の南側に回って第6妙正寺川橋梁を見る。鉄橋の銘板を確認するのは難しいが、第5とほぼ同様の鉄橋がかかっており、同時期に作られたものである可能性は高いだろう。
写真手前のガードレールがある部分も、橋の欄干のように見える。
再開
南へ向かって井草川遊歩道が再開。
四宮森公園
遊歩道の南側にある四宮森公園。公園の入口脇にあった由緒書きによれば、井草川は1981年(昭和56年)にはすべて暗渠化されたという。
続き
さらに、上井草向山公園へ向かって遊歩道を進んで行く。
四の宮中橋
南に曲がったところにある四の宮中橋跡。四宮町もこのあたりの旧地名で、現在でも小学校や交差点の名称として残っている。
分かれ道
しばらく西へ進んだところで、上井草向山公園に向かう支流を発見。
金太郎
支流の北側には非常に状態の良い金太郎の車止めが残っていた。
上井草向山公園
右手に上井草向山公園が見えるところに水路敷がたどり着いた。
西へ
上井草向山公園から西に向かって、かつては水路があったと思われる広い道路が伸びている。

by Natrium