Natrium's @lacoocan edition
妙正寺川・井草川の水路敷群(本天沼の支流)その3
←前のページ
早稲田通り
水路は早稲田通りをまっすぐ横断するわけではなく、やや西寄りにずれた位置で横断する。写真ではバスの先端あたり、クリーニング店の西側に上流部への入り口がある。
出世大鷲神社
下流部の合流場所から少し西へ移動したところにある出世大鷲(おおとり)神社。大正10年(1921年)の創建という比較的新しい神社で、かつて天沼本村(ほんそん)と呼ばれたこのあたりで捕まえた大鷲の祟りを恐れて祭ったものという。
上流へ
ここにも金太郎はいないが、車止めの向こう、上流へ進んでいこう。
車止め
杉並区らしいエンジ色の(すっかり塗装が剥げてはいるが)車止めを右にみつつ水路敷をすすむ。ふと、足元に変わったマンホールを見つけた。
三級基準点
「測量」と大書きされた三級基準点のマンホール。どうやら、この蓋の下に基準点の標識が隠されているらしい。
電柱
電柱を抱え込みつつ道路と交差する水路敷。手前の水色の塗装は練馬区によくある「水路敷」のペイントではなく、止まれの標識だったと思われる。
イルカとワニ
交差点を道路側から。杉並区では良く見かけるイルカとワニの絵が描かれている。本来、止まれの標識になっているはずなのだが、肝心の「とまれ」の文字は消えてしまっていて知らない人が見ても意味がわからない。
遊歩道
再び上流へ進んで行く。このあたり、遊歩道として整備されているようではあるが、そこそこ荒れている。
左斜め
道路を越えて左斜め方向で水路敷が続く。
ライオン
今度は上流の水路敷側にライオンの絵。これも「とまれ」の文字は残っていない。
カーブ
緩やかなカーブを描いていく水路敷。
出口
しばらく進んだところで、水路敷は幅の広い道路へ合流する。
上流から
合流部分を上流から。左は車両も通行できる一般道で、ここから道幅が倍になる。昭和22年の空中写真を見ると、道路とやや離れた場所に開渠があり、そこを道路でつないでしまったためにやたらと道幅が広くなったようだ。
蓮華寺
その道路の北側にあるのが真言宗室生寺派の天沼山蓮華寺。室町時代の開創と伝えられる寺で、かつてはここに湧いていた池を水源としていたとも聞く。
分岐点
一方、幅広の道路はそのまま続いていて、すぐ西側にある厳島神社の前で左に進み本天沼稲荷神社へ向かう細い水路敷と、直進して猿田彦神社へ向かう幅広い道に分かれている。
厳島神社
広い境内にこじんまりとした祠が安置されている厳島神社。細い水路敷は神社の南側(写真奥のフェンスの向こう)を進んで行く。
ゴミ集積所
厳島神社の先、ゴミ集積所を通り抜けて、水路敷は続いている。
黄色
なぜか黄色い車止めを眺めつつ進む。
とまれ
ここのライオンには「とまれ」のペイントが残っていた。
出口
水路敷の終わりを出口から。この先(写真後ろ側)は一般道路となってしまう。
天沼稲荷神社
上の写真右側に写っているのが本天沼稲荷神社。保食神(うけもちのかみ)を祭神とし、おそらくは蓮華寺と同じ頃に創建されたものと思われる。さきほどの厳島神社はこの境外末社にあたるそうだ。
当初、このあたりで水路敷はたどれなくなると考えていたのだが、あとでこの神社の西側から細い水路敷がまだ続いていることがわかった。これは改めて探索することとしたい。

by Natrium