Natrium's @lacoocan edition
エンガ掘と周辺の水路敷群(要町通り〜千川通り)その4
←前のページ
出口
前のページでさくら小学校に突き当たっていた水路敷を下流に向かってみた。下流側で柵に阻まれてたどれなかった水路は、行き止まりの道の奥から姿を現す。
歩道?
振り返って上流方向。あまり必然性のない歩道部分が水路敷だったのかもしれない。
この写真は2017/6/19撮影。
南へ
突き当たりのところで水路敷は右へ曲がって南へ。
この写真は2017/6/10撮影。
細道
両側を塀に挟まれた細道を進んでいくと、さくら小学校にたどり着く。
この写真は2017/6/19撮影。
じめじめ
さて、再びさくら小学校西側の水路敷に戻って進んでいこう。
学校裏のジメジメとした道が続く。
ここからの写真は特に記載がない限り2017/6/10撮影。
薄暗がり
その先は薄暗い木立の間を抜けていく。
明かり
暗がりを抜けると水路敷は道路に合流。その先の交差点で、水路敷は左に曲がっているようだが。
左
交差点から左を見る。一見続きがどこにあるのか分からないが、矢印でポイントした二ヶ所に水路敷がある。
隙間
手前の水路敷は家と家の間に挟まれた空間にあった。
暗渠
開渠かと思ったが、暗渠になっているようだ。
区境
奥の方の水路敷は、さくら小学校の敷地から出て来て、道路脇の暗渠になっている。
段差
暗渠は徐々に道路と段差のある道となって、そのまま道路とわかれて直進していく。
カクカク
水路敷らしいカクカクと曲がる道。
交差
水路敷は道路と交差して、さらに進んでいく。
ここで西側の水路敷がどうなったのか気になるので、交差する道を右に曲がってみよう。
蓋暗渠
1ブロック先で北側から蓋暗渠が出て来ていた。

by Natrium