Natrium's @lacoocan edition
エンガ掘と周辺の水路敷群(江古田の支流)その1
地図
ねりまっぷで小竹向原駅から江古田駅へ向かうエンガ堀の支流をみてみる。
向原ゴルフセンターの西側で本流と分かれて西へ向かう支流と、板橋向原郵政宿舎の北側で分かれて西へ向かう支流の二つが並行して江古田駅へ向かっている。
分岐
向原ゴルフセンターの西側から下流の小竹向原駅方向をみたところ。マンションの南側にある一角が、かつて水路敷が合流していた地点と思われるところ。本流者写真右手から、奥に向かって流れていたはず。
ここからの写真は記載がない限り2017/6/19撮影。
入り口
マンション西側にある水路敷の入り口は前回も訪れた場所。ここから上流へ遡っていこう。
この写真は2017/6/10撮影。
植え込み
植え込みのある水路敷を進んでいく。
インターロッキング
駐車場を過ぎて少しいったところで、わずかな場所だけインターロッキング舗装になっている部分がある。上流から撮影。
ゼブラ模様
インターロッキング舗装の先には、道路との交差点がある。手前の車止めは練馬区でよく見かける緑色のものだが、奥の車止めはこの辺りでしか見かけない緑と黄色のゼブラ模様が描かれたもの。
細ゼブラ
工場の敷地の間を抜けていくと、再びゼブラ模様の車止めに出会うが、こちらは道幅を反映してか妙に細身。
階段
上流側からみたところ。階段の上からくる道も車止めで遮られているが、ここも水路敷と思われる。
枝道
北側に回って、やくも公園の南側から分岐している水路敷を眺める。
枝その2
マンションを挟んで一本西側にも、同じような水路敷があった。
続き
支流のほうへ戻って進む。再び道路と交差したところで、ゼブラ模様の車止めは最後になるようだ。
ペイント
その先は、練馬区でおなじみ水色の水路敷ペイントが出迎えてくれる。
くねくね
細い水路敷はくねくねと曲がって、いったん車道に合流している。
崖
ふと、合流した道路の南側を見ると、崖の下に南側の水路敷が見えた。
南側支流
実は南側の支流、この写真にあるように板橋向原郵政宿舎で本流と分かれた後、すぐに工場にぶつかって敷地に飲み込まれてしまい、たどることができない。
上の写真の位置でようやく水路敷として現れてくるのだ。
はみ出し
ここから西へは二本の水路敷が並行しているが、まずは北側の水路敷から見てみよう。
途中、なぜか水色のペイントが私有地側にはみ出している場所があるが、あまり気にしないで進むことにする(をい)。
はみ出していない
次の交差点では、ペイントははみ出していないようだ。

by Natrium