Natrium's @lacoocan edition
大泉堀とその支流(伏見通り〜都道234号線旧道)
地図
ねりまっぷで今回のコースを見る。
空中写真中央にある支流が今回のターゲット。
題目塔
伏見通り近くにある題目塔。下保谷は日蓮宗の信徒が開拓した土地が多いと言われ、町内のあちこちに髭文字で「南無妙法蓮華経」と彫られた題目塔が見られる。
ここからの写真は2016/7/18撮影。
支流
さて、大泉堀の支流は伏見通りの西側、上の写真の南にある都営保谷二丁目第2アパート南側の道路から始まっている。歩道部分がかつての水路と思われる。
南へ
アパートの先、民家に沿って水路跡は南へカーブしていくが、写真奥で突き当たって西に進路を変える。
レンガ道
支流の水路敷は、本流と異なりインターロッキング舗装されている。
都道25号線
アパートの裏を抜け、水路敷は都道25号線を渡る。
公園へ
そのまままっすぐ進んだ水路敷は、駐車場に突き当たって進路を左に変える。
もっとも、昭和22年の空中写真を見ても、ここでは曲がっていたようなので駐車場の方がそれに合わせて作られたのだろう。
西へ
駐車場を巻くように、水路敷はすぐに西向きに進路を変える。
行き止まり
きれいに整備された水路敷は、駐車場の奥でいきなり行き止まりとなる。
ひまわり
行き止まりの裏側、都道234号線の旧道に回り込んでみる。水路敷部分には、大きなひまわりが咲いていた。
題目塔
都道234号線旧道と都道25号線の交差点そばにも題目塔があった。題目塔に書かれた文字は、日蓮上人の筆跡をなぞった書体だという。

by Natrium