Natrium's @lacoocan edition
石01/石02/石03 石神井庁舎〜東大泉交番
地図
ねりまっぷで石01/石02/石03系統の石神井公園駅から東映撮影所間の変遷をみる。
当初、駅の西側で南へ踏切を渡って南口から発着していたが、2002年に北口ロータリーの完成に伴い北口発着に。しかし、当初は石神井公園1号踏切を南へ渡ってから右折して石神井公園3号踏切を改めて北に渡るというルートで富士街道の渋滞に巻き込まれるため定時運行が出来ず、2004年(注)に現在のルートを新設して「下屋敷経由」とした(西武バスは朝1便を残し全便が下屋敷経由となった)のち、最終的にはオリジナルのルートだった「石神井庁舎経由」を2010年に廃止して現在に至る。
2005/4/1には国際興業も朝1便だけというほぼ免許維持路線になっていまったため、実質的にはそこで役目を終えていたとも言える。
(注)下屋敷ルートの新設については、Wikipediaなどで2004/11/12と書かれているが、国際興業バス練馬営業所のページによれば、2004/11/16となっている。同ページでは石神井庁舎ルートの廃止が2010/12/1となっているが、運行最終日としては11/30であった。
石神井公園駅入口
富士見台11号踏切の北側にあった(旧)石神井公園駅北口バス停。踏切の手前で乗客を降ろしてしまうために設置されていたが、2002年に北口ロータリーが完成したことでロータリー内に移設され、廃止となった。
完成する前は、てっきりここを通って踏切の手前を右折してロータリーに向かうと思っていたのだが、富士街道回りとなったことで今度は石神井公園1号踏切の渋滞に巻き込まれたため、2010/2/7に上り線が高架化されるまでの長い間、ルネサンスの前や、光和小学校入口交差点の手前でバス停でもないのに乗客を降ろす羽目に陥っていた。
2011/10/9撮影。
渋滞
石神井公園1号踏切の渋滞模様。特に朝の渋滞は光和小学校入口交差点まで続いていることも多く、バスの定時運行にも大きな支障をきたしていた。
2008/8/30撮影。
旧バス乗り場
現在も南口ロータリーに残る三井住友銀行ATMの前にあった石神井公園南口バス乗り場。
廃止されるまでは関東バスが使っていたが、2002年までここで国際興業のバスが発着していた。
2011/3/5撮影。
1番のりば
同じ石01/石02系統でも、西武バスはこちらの1番のりばから発車していたように記憶している。
2002年に北口に移動する前は国際興業と西武バスでダイヤも協調しておらず、踏切での混雑も相まってやたらと間隔が空いていたかと思えば団子になって来たり不便な路線だった。
2013/10/12撮影。
商店街
南口ロータリーを出るとバスは商店街に突っ込んで行く。この景色は石01/石02/石03系統が走っていた頃と対して変わっていない。
2010/7/3撮影。
パークロード石神井
2002年までは石神井公園に向かうバスと反対向き、石神井公園3号踏切に向かってこの通りを北へバスが走り抜けていた。元々が狭隘路のため、路上駐車があるとバスが立ち往生する場面もあったりした。
2017/8/26撮影。
石神井庁舎
在りし日の石神井庁舎バス停。
2010/11/13撮影。
廃止後
民家の軒先の置かれていたため、廃止後にあっさり撤去されてしまった。
2010/12/25撮影。
石神井町八丁目
石神井町八丁目バス停は蕎麦屋の横に置かれていた。こちらも廃止後は撤去されている。
乗降客が少ない印象があったが、このバス停は近辺に代替路線がなく近隣の住民は不便したことと思われる。
2010/10/20撮影。
東大泉一丁目
廃止直後の東大泉一丁目バス停。
1989年発行の「東京都内乗合バス・ルートあんない」では大泉福祉作業所バス停となっているので、1996年(同年発行のルートあんないでは東大泉一丁目)までのどこかで改称されたらしい。
ここからの写真は2010/12/4撮影。
フェンス
このバス停は私有地を削り取るようにフェンスが凹んだ場所に設置されていたため、バス停が廃止された後もフェンスの凹みだけが残されていた。
廃止のお知らせ
廃止のお知らせ。
東大泉交番
矢印が東大泉交番バス停の跡。
東大泉交番バス停は、2002/10/1に改称されるまで国際興業バスが「東大泉駐在所」、西武バスが「撮影所入口」という異なる名称になっていた。
ただし、現在でも交番の名称は「警視庁石神井警察署東大泉駐在所」で、3階建ての2階と3階は住居になっているようだ。駐在所の前にはかつて庚申塔が置かれていたのだが、いつのまにか撤去されてしまった(Google Mapでは、2009/8の画像で存在が確認できる)。
2017/9/23撮影。

by Natrium